施工管理の仕事に必要な資格とは?資格別に求人がある?

施工管理に必要な資格は6種類で、資格別に求人があります。1級でも2級でも仕事に就けますが、できれば1級を目指しましょう。

施工管理の仕事とは?求人は男女問わずたくさん!のメイン画像

施工管理の仕事に必要な資格とは?資格別に求人がある?

施工管理の仕事に少し興味が出てきたので、もう少し調べてみることにしました。

資格を取らなければなりませんが、まずは2級からになりますよね。

2級の資格でも求人はあるのでしょうか。

また、資格別に求人があるのか調べてみました。

【施工管理の資格について】

先ほども少し触れたのですが、施工管理の資格は6種類あって、建築施工、電気工事、土木工事、管工事、造園、建設機械施工管理技士となっています。

資格を取るには、試験に合格する必要がありますが、一定の実務経験もないと受けられません。

・【参考記事】【シゴトを知ろう】土木施工管理技士 編

ですからこの資格を目指すのであれば、どこかで実務経験を積む必要があります。

【資格別に求人がある?】

施工管理の資格には6種類ありますが、この資格別に求人があるようです。

ある大手企業では、応募資格に管工事施工管理技士1,2級、または電気工事施工管理技士1,2級を取得している人とありました。

建築施工管理技士の資格を取得している人を募集している会社もありました。

それぞれ現場で必要な資格を持っている人の求人が出ているようです。

【難易度の差】

1級と2級の差は難易度です。

級別に受験や取得の難易度が違うだけで、2級だったらこの規模の工事の仕事はできないというような制限はありません。

ただし、建築現場で管理技術者として働くのであれば、1級の取得が条件となります。

1級の資格があると、給料でも優遇されるので、できれば1級を目指して取得できればいいですよ。